2007/12/02

熱帯スイレンの越冬作業

12月に入ったので、熱帯スイレンの越冬作業を行いました。

ティナはすっかり葉を落として休眠モードに。クイーン・オブ・サイアムは500円玉大の浮き葉がいくらか出ていますが、これ以上先延ばしにするのも面倒です。もう取り込んでしまいましょう。

クイーン・オブ・サイアムをはさみで丸刈りにしてから、DVD収納ケースに格納。

C20071201_02

水を張っていつもの越冬場所、トイレへ。来年までおやすみなさい。

C20071201_03

メダカをヘルボラの鉢に回収してから、空っぽになった鉢を亀の子たわしでゴシゴシと洗浄。鉢はドロドロ、腰が痛くなるわで、この作業が一年のうちで最強に面倒です。

C20071201_01

乾燥した鉢を片付けると、ベランダはヘルボラの鉢を残してがらんとなってしまいました。これで年内の作業は終了。来年の春までさびしくなりますねえ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/09/29

恐るべしダニーちゃん

あの秋とは思えない暑さはどこへやら、急に寒くなりましたねえ。ヘルボラはまだ開花していますが、気温を考えるとこれが本年最後の花となるでしょう。お疲れさまでした。

C20080929_01

この調子だと、ティナもそろそろ終了でしょうか。

C20080929_02

葉もずいぶん黄ばんできたしなあ……と思ったら何か様子がヘンです。

C20080929_03


顔を近づけると葉の上を右往左往するちっこい赤いものが!そう、犯人はハダニ。これだけ大量に発生すると、きもいことこの上ありません(画像拡大時注意!)

C20080929_04

最近しっかり株を観察しておらず、発見が遅れてしまったのが痛恨のきわみ。軒下は雨があたらないので、そりゃあ乾燥大好きなハダニ天国にもなるってもんです。

この季節から薬剤を使っても意味がなさそうなので、とりあえず葉に水をじゃあじゃあ掛けてダニーちゃん洗い流し戦法を取りました。お願いだから早くいなくなってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/08

秋を迎えた水鉢

朝夕のひんやりした空気に秋の訪れを感じるこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。葉を茂らせた睡蓮鉢が並んでいる光景を楽しめるのも、あと少しですね。

C20080908_01

夏場は初日の開花直後にヘナヘナしおれてそれっきりだったティナも、ようやくまともに咲くようになりました。

C20080908_02

まだまだ花芽も出ているので、あとしばらくは楽しめそうです。

C20080908_03

クイーン・オブ・サイアムは残念ながら今年は一度も咲きませんでした。なぜだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/26

ティナ初開花

お盆明けくらいから平日に何度か咲いていたのですが、ようやく今年初めて開花を見られました。

C20080825_01

照り返しが激しいせいか、花弁を広げるとすぐヘナヘナになってしまいます。

C20080825_02

それでも、このノーブルな青紫を見ると熱帯スイレンを栽培してよかった、と心から思えます。盆栽じゃなく、でかい鉢でのびのびと育てて大きい花を見てみたいなあ。

C20080825_03


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/12

最近の睡蓮鉢の様子

一ヶ月ぶりの不定期水鉢日記です。ついに睡蓮栽培に飽きて手仕舞った……わけではなく、HDDが逝ったため更新できていませんでした。データはすべてバックアップを取れたので事なきを得ております。

今の季節、睡蓮鉢はキャスター付きスノコに乗せています。ベランダ掃除をする時はころころ動かせて便利ですが、暑さ対策の効果はイマイチ。日中の水温はぬるい風呂級にまで上昇しています。ごめんよメダカ。

C20080812_01

ティナはあと数日で開花見込み。つやつやとした葉を広げ、とても好調です。

C20080812_02

同じ環境なのにクイーン・オブ・サイアムは元気がありません。新芽が小さく、新しい葉もしばらくすると黄ばんでしまっています。なぜだ。

C20080812_04

ヘルボラは一時肥あたりさせてしまい浮き葉のほとんどが消滅するという悲劇に見舞われましたが、鉢増し+用土入れ替えでやっと復活。花芽も出たのでもうちょっとは花を見られそうです。

C20080812_03

クイーン・オブ・サイアムはどうも肥料切れっぽい症状なので、少なめに追肥を行いました。

ティナ:油粕小粒 3粒
クイーン・オブ・サイアム:油粕小粒 3粒

こう日差しが強烈だと、作業で一瞬ベランダに出るだけで暑さがガツンと来てつらいですねえ。しかし真夏日が続かないと熱帯種は生き生きとしません。ジレンマです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/14

熱帯スイレンの植え替え

浮き葉が出たら植え替える予定だった熱帯スイレン。多忙を理由にぜんぶ睡蓮鉢に突っ込んだまま放置していたら、どえらいことになりました。

C2007071401

やっと時間が取れたので、遅まきながら作業開始。葉柄をほぐすだけで一苦労です。

C2007071402

ティナはもう花芽が出ちゃってます。

C2007071404

昨年獲れたティナのムカゴをまとめて植えておいた鉢。こんなに増やしてどうする。

C2007071403

クイーン・オブ・サイアムの根茎からは脇芽が。つまんでうりうり動かしていたら根っこごとポキッと取れたので、取り分けておきました。

C2007071405

整理が終わった株。雨天の泥仕事はイヤだなあ。あともうちょっと。

C2007071406

マグァンプKを少々入れて練った赤玉土で植え替え。元肥はちょっと控えめに、発酵油かす小粒を3粒。

ティナ1:深鉢4号
ティナ2:深鉢3号
ティナ3~5:ビニールポット3号

クイーンオブサイアム1:深鉢4号
クイーンオブサイアム2:ビニールポット3号

C2007071407

やっと植え替え終了。開花が楽しみです。

C2007071408

C2007071409

余剰株はどうしたもんでしょうかねえ。とりあえずストック。

C2007071410

そういえばスイレンの開花写真を掲載している方は多いですが、植え替えや冬越しの作業工程を載せている方はあまりいらっしゃいませんね。自分も試行錯誤しておりますので、とても参考になると思うのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/02

さよならエスカボークル

温帯性スイレンのエスカボークルとお別れする日がやってきました。この品種を日当たりの悪い我が家で開花させるのは絶望的なので、数年来の栽培を断念。あえなく実家の庭に引越しとなったのでした。

新しい睡蓮鉢でのびのび。株が痛みまくりですが、お天道様を浴びれば元気になるでしょうかねえ。家人にはとりあえず水足しだけ頼んでおきました。

C2007070201

今後はヘルボラと熱帯スイレンで頑張ります。ヘルボラは相変らず絶好調です。

C2007070202

熱帯スイレンはやっと浮き葉が出たな、と思ったら早くももさもさに。急いで株分けして植え替えなければ。

C2007070203


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/24

ヘルボラの開花みたび

前回のヘルボラ開花から一週間、早くも3回目の開花です。ていうか今年は毎週咲いておりますな。

C2007062401

次の花芽もガンガン出ています。置き場や追肥の頻度、日照条件はたった一度しか開花しなかった絶不調の昨年と同じなので、やっぱり気温が重要なファクターなんでしょうねえ。

C2007062402

熱帯スイレンも一部の鉢で小さい浮き葉が出てきました。水中葉のまま停滞しているティナの親株(写真左)の鉢が気になります。このまま浮き葉が出ないと、腐ってしまう場合が多いんですよね。

C2007062403

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/17

ヘルボラの開花ふたたび

前回のヘルボラ開花から一週間、早くも2回目の開花です。

C2007061701

この調子なら、今夏は花が途切れることはなさそうですね。ひどくミドロってるのは、土が少ないせいで肥料を押し込んでも溶出抑止の効果がほとんどないためと思われます。

C2007061702

熱帯スイレンも一ヶ月超の沈黙を破り、やっと水中葉を展開しはじめました。さっさと植え替えてしまいたいのですが、浮き葉が出る前だと腐りそうで怖いなあ。どうしたもんでしょうか。

C2007061703

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/12

温帯スイレンに追肥

前回の施肥から一ヶ月経過したので、ヘルボラへのお礼肥をかねて追肥しました。

・ヘルボラ … 発酵油かす小粒 5粒
・レイディケリ・ロゼア … 同5粒
・エスカボークル … 同8粒

睡眠中の熱帯スイレンにもダメもとで2粒ずつ押し込んでおきました。

ところで、先日放映された「趣味の園芸」で使われていた睡蓮専用肥料はどこかで見たことあるなと思ったら、樹木用の肥料「まるやま1号」と同じみたいですね。大袋は20kg入りなので、どこか近くで小分け売りしてないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)