2005/06/05

もうすぐ収穫?ムスクラン

ベビーリーフサラダとして充分食べられる大きさに育ちました。しかしこの段階で収穫してしまうとサラダボウル一人前にしかならないので、もう少し我慢です。

c2005-06-05-09

水鉢は週末に水をじゃあじゃあ足せば終わりですが、菜園鉢の方は毎日水をやらないとすぐに乾燥してしまいます。病害虫も抜かりなくチェックしないといけないので、少し手がかかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/29

本葉が増えたムスクラン

ムスクランは種類が判別可能なくらいに本葉が増えてきました。チャービル、ロケット、バジル、チャイブは確定。それ以外は不明ですが、おいおい分かるでしょう。

c2005-05-29-06

しかしこの規模では、何回かサラダを作ったらおしまいになりそうですな。継続して収穫するには、もう一鉢は用意した方が良いかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/22

ムスクランの本葉が出ました

複数の野菜が混在しているので、やっと双葉が出たものもあり、本葉も出たものありと成長速度はまちまち。あと二週間もしたら間引きがてらベビーリーフを収穫できるでしょうか。

c2005-05-22-01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/14

ムスクランの芽がたくさん出ました

種まきから二週間、細いのやら丸っこいのやら多種類の双葉がわらわらと発芽。一緒に雑草が生えてきても判別は難しいでしょう。

c2005-05-14-01

ムスクランはエンダイブ、ルッコラ、マーシュなどの複数の種を混合したもので、ミックスサラダとして一度にたくさんの野菜を味わって楽しめるのが魅力です。入っている野菜の種類やその歴史については「ムスクラン(Mesclum)」ってどんな野菜?をご参照ください。

ところで「ムスクラン」は手持ちの家庭菜園本『コンテナで野菜づくりコンテナで野菜づくり―ベランダ、テラス、窓辺で育てる』や購入した種の袋に記載されている名称ですが、ムスクランメスクランで検索すると「メスクラン」も一般的のようですね。後者はどうしても『重力への挑戦』を連想してしまいます(それはメスクリン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/08

ムスクランの芽が出ました

ムスクラン種を蒔いた鉢から小さな芽が出てきました。スズメやカラスには見つからずに済んだようです。まだ二種類くらいしか発芽していませんが、他の種類もおいおい追いつくでしょう。

c2005-05-08-03

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/05/02

挑戦!ベランダ菜園

新鮮な野菜を毎日食べたい欲求が生じたので、今年からベランダ菜園にも挑戦してみることにしました。

今回種蒔きするのは西洋七草とも呼ばれるムスクランです。

c2005-05-02-03

袋を開けると何種類かの種が小分けされて入っています。
品種名が書いていないので、チャイブ以外は何の種かよく分かりません。

c2005-05-02-04

全部使うと多すぎるので、三分の一くらい蒔きます。

c2005-05-02-05

用土は標準的な野菜の土と底軽石、鉢はプラ9号鉢を使いました。

c2005-05-02-06

真ん中には虫よけ用にバジルを設置。しかしラベルを読んだら、ミックス種の中にはバジルも入っていたのであった。

c2005-05-02-07

レタス系の種も入っているようなので、覆土はせずに軽く押さえて水やりして終了。後はカラスやスズメに発見されないよう祈るだけですが、水鉢が発見されていないので多分大丈夫でしょう。

菜園の様子は当Blogのおまけコンテンツとして随時掲載予定です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)